なうしかのリビングダイニング2

nausikanai.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:季節のジャムつくり( 45 )


2009年 11月 07日

・・09’冬 柚子のジャム・・

a0133122_14261772.jpg



久しぶりに行き当たりばったりのジャム作りをしました。

計量もせず、すべて目分量で。
甘さや煮つめ具合も、ジャムと相談。

美味しくできてもう一度と思っても、同じようにつくれないのが難点です。

けれど、鍋と相談しながらゆる~く作るのもたまにはいいですよね^^
ちょっと心がのんびりします。

そんな今回は、ゆずジャムです。


a0133122_14263632.jpg
ゆずの皮を1ミリくらいの厚さに削ぎ、みじん切りに。
(実は今回はフードプロセッサを使いました)

残った実は二つに割って、果汁を搾ります。
しぼってやわらかくなった果実から、白い部分をはぎ、これを細切りに。

今回は、ゆずの皮・白い皮・果汁を使います。
それにみかんの果汁も。

柚子は3個、みかんは2個です。



a0133122_14265415.jpg
ふたをせず、強めの中火でうわーっと煮ていきます。
あまり混ぜず、きいろのアクをとりながら。

最初はさらさらですが、白い皮が透き通る頃になると、少しずつとろみがついてきます。
皮もじんわり透明がかってきて、水分が飛んだら、もうジャムらしい粘度が付いているはず。

20分もかからなかったかなぁ。



a0133122_14271945.jpg
とろーりと。

ジャムというか、皮が入っているので柚子のマーマレードですね^^




a0133122_14273981.jpg
すごくきれいな柚子色です♪

パンでも美味しいし、ヨーグルトもいいし♪
手羽先を煮てもいいし、柚子味噌煮につかってもいい♪
ドレッシングにもいいし、ゆず茶にしてもいい♪

うーん楽しい^^
いきあたりばったりの柚子ジャムつくり、おすすめです♡




a0133122_142872.jpg
トップの柚子を置いたうつわ。

『朝虹窯』の余宮隆さんのものです。
一目ぼれでした♪


おべんと手帖
[PR]

by hakofuku-818 | 2009-11-07 14:51 | 季節のジャムつくり
2009年 10月 30日

・・09’秋 紅玉としょうがのジャム・・

a0133122_2349198.jpg



何気なく食べようとした、朝ごはん。


うおっ!

テーブルにつこうとした瞬間、このパレットにおどろいた。

この秋につくり貯めた愛しのジャムたち。
くり、いちじく、梨の赤ワイン、ラ・フランス、紅玉としょうがの。

それに、ミルクティーとコーンスープ。
ちょっと横長の山食ぱんをこんがり焼いて。

朝から、ほんわか楽しくなります^^


a0133122_23485697.jpg
*紅玉としょうがのジャム*

簡単です。
紅玉のジャムを瓶詰めするとき1瓶分残し、そこに新生姜のジャムを入れひと煮立ち。
しょうがジャムの量はお好みです。

ちなみに私はジャム200gにしょうがジャムを大さじ2。
しょうがの香りと風味が、りんごの甘酸っぱさのなかに広がります。
おもしろいです^^

これはクリームチーズと一緒にベーグルで食べたらおいしそうだ♪
あと、紅茶に入れてもいいかな^^♪
パンでもおいしいですよん♡



今、”季節のジャムつくり”というタグで検索したら、この秋だけで8種のジャムを作っていた!
これを含めると9つだ!
おお、ここまで来ると10種目を作りたくなりますな・・・。
でも、いつから冬ジャムにしようか悩みます。
時期じゃなくて、フルーツで決めようかな。
[PR]

by hakofuku-818 | 2009-10-30 00:02 | 季節のジャムつくり
2009年 10月 24日

・・09’秋 ラ・フランスのジャム・・

a0133122_11495145.jpg



有休の日、スーパーに立ち寄ると・・・
完熟のラ・フランスが3つで100円っ!!きゃー♪

崩れかけの部分もあるけれど、とろっとろなのでジャム作りにぴったり♡

鼻唄まじりで帰りました^^


a0133122_11501814.jpg
角切りにします。
つまみ食いすると、美味しい~♪♪
生で食べるのにもいいくらいの熟し加減です。

■材料
ラ・フランス正味620g、砂糖150g、レモン果汁半個分。
砂糖は120g程度に減らしてもよさそうです。



a0133122_11503914.jpg
手で砂糖をまぶして、時間を置きます。
とろっとろのラ・フランスは砂糖をまぶすと角がすっかり取れてきます。

鍋の蓋をして10分間強火で煮たあと、蓋をとり水分を飛ばしていきます。
とろとろと粘度がついてきたら出来上がり^^



フルーティーな香りがしっかり残ったジャムができました^^
友達からも好評♪

ラ・フランスはジャムにするには中々手が出ないので、とてもラッキーでした♪♪

おべんと手帖
[PR]

by hakofuku-818 | 2009-10-24 12:03 | 季節のジャムつくり
2009年 10月 21日

・・09’秋 紅玉のジャム・・

a0133122_0343168.jpg



こんにちは!
東京から帰ってきて、早速いそいそとジャム作りをしています。

直売所に行くと、季節の野菜たちも衣替えといった雰囲気で、おもしろいです。
ちっちゃーいゴーヤやなす、ほっそりしたオクラ。
まだまだ高い白菜やキャベツ。
豊富な青い葉物野菜に、肉厚のきのこ。
フルーツも、小さくて熟したいちじく、みかんに柿。

東京もいいけれど、やっぱり、こういう所が田舎のいいところですよね♪
おいしくて安い旬の野菜に囲まれていると幸せを感じます^^

将来はバランスのいいところに住みたいわ・・・


a0133122_23352377.jpg


と、前置きが長くなりましたが、今回は『紅玉のジャム』をつくりました♪
COOPで6玉400円で手に入ったのです♪
ほくほくです♪♪



a0133122_23355751.jpg
作ろうとして、ふと悩む。
皮はつけようか、切り方は?シナモンは?などなど。
うーん、全部試したいっ。

今回は悩んで、『皮つき・みじん切り・シナモンなし』にしました^^
もくもくと、皮むき。みじんぎり。
結構好きな時間です。




a0133122_23361799.jpg
ほんのりピンク色した肌がかわいいです^^

去年、紅玉を逃してしまい作れなかったので、一年越し。
うれしいです^^
ああ、あと1回はつくらないとっ。

材料:紅玉(正味)460g、砂糖200g、レモン1個。




a0133122_23364024.jpg
みじんぎり。
やはり、少し大変です。
でも、フードプロセッサは使いませんでした。
果実と触れ合うのは、ジャム作りにとって大事な行程ですから♪

このあと、砂糖をしっかり全体にまぶして、1時間半ほど置きました。

この間、りんごの芯を水で煮だしてりんご液を作ります。水はひたひたに、300mlほど?
20-30分ほど煮出して、漉します。
きれーいなピンク色になります。




a0133122_2337526.jpg
りんごから水分が出てきたら、りんご液を200ml加え、蒸気の漏れない蓋をして強火で15-20分。
皮の色が煮だされて全体が紅色に染まり、果肉が透き通ってきたら、中火に。

その後水分が飛び、ほどよい粘度がでたら、できあがり^^

鮮やかな紅色がきれいです♪♪ 



バターをたっぷり塗ったパンケーキでいただきたいです(^^*)
次は、皮なしのざく切りとバタータイプ、シナモン入りで作りたいな♪

他にも・・
[PR]

by hakofuku-818 | 2009-10-21 23:33 | 季節のジャムつくり
2009年 10月 14日

・・09’秋 いちじくと梨のジャム・・

a0133122_10315393.jpg



ふふ^^
実は、この時2種類のジャムを作っていたのです。
もう、いい加減見飽きたぜという声が聞こえてきそうですが・・・、私には関係ないっ♪

ジャムつくりは飽きないですよ~♪

それにしても、いちじくの濃いピンク色と梨の透き通るような白の対比がすてきですね♪


a0133122_10321632.jpg
いちじくの”だけ”ジャムと同じく、こちらもシンプルに。

いちじくは硬めのを選んで8等分。梨はみじん切り。
それぞれ、正味110g、90gでした。
そこに砂糖を80を加えて、手でまぶしなじませます。く



a0133122_10323827.jpg
なじませて置くこと1時間。
水分が出てとろーりとしてきたら、煮はじめます。

今回は梨・いちじく共に固めなので、鍋の蓋をして中火で10~15分間ことこと。
水分が飛ばないよう、穴の開いていない蓋が好ましいです。穴のある場合は箸などを差してください。

梨が透き通ってきたら、水分を飛ばしながら煮ていきます。
火加減は中火~弱火で。



a0133122_10325995.jpg
とろみが出てきたところで、できあがり^^

梨はいちじく色に染まりましたね。
いちじくだけのジャムよりも、ほんのすこしだけピンク色が薄いのです。

朝焼けに染まった雲のような色。
朝日を浴びながら、同じ色のジャムでお気に入りのトーストを。うーん、すてきですね^^




More
[PR]

by hakofuku-818 | 2009-10-14 10:50 | 季節のジャムつくり
2009年 10月 13日

・・09’秋 新生姜のジャム・・

a0133122_8494329.jpg



新生姜でジャム、作ってみました^^

それと共に、ジンジャーシロップも。

冬の風邪対策のために、今から準備を・・・


今回は新生姜1株(正味160g)、かぼす3個(果汁のみ)を使いました。
この時期はかぼすが出回るので、レモンよりも安く、かつ季節感を出せるかなあと、かぼすをチョイス。


a0133122_850671.jpg
新生姜は薄切りにしてフードプロセッサでみじん切りに。
根生姜と違い、辛味もマイルドなので、水にさらさなくてOK。

材料:新生姜1株、かぼす3個、砂糖150g、水300ml。



a0133122_8502584.jpg
生姜に水と砂糖を入れて、ぽこぽこ煮ます。中火で10分。
その後、かぼす果汁を入れて一煮立ち。

かぼす果汁を入れると、ベージュだったのが薄紅色に早変わり!!
この変化はすごく楽しいっ^^
ぜひぜひ、みなさんに体験してもらいたいジャム作りの醍醐味です♪




a0133122_8505927.jpg
漉した液体部分は『ジンジャーシロップ』として。
生姜部分はさらに砂糖を大さじ2加え、さらに5分間弱火で煮詰めてできあがり。
ジャムを煮る際、水分が少なすぎると感じたらジンジャーシロップを足してください。

ふふ^^
一度で2度おいしい♪

ジンジャーシロップは、ジンジャーエールやジンジャーミルクティーに。


a0133122_852158.jpg
ほらっ、きらきらの新生姜ジャム。

シロップ部分に生姜特有の辛味が出ているので、ジャム自体はそこまで辛くありません。
これくらいだと、パンにも合うかなと。

私は、りんごジャムをつくる時に途中で加えて、アップルジンジャージャムとして作ったり。
そんな風にジャムつくりの遊びとして、使いたいなあと♪

あと、料理に使うのもよさそうです^^


3度おいしい!?
[PR]

by hakofuku-818 | 2009-10-13 09:16 | 季節のジャムつくり
2009年 10月 09日

・・09’秋 いちじくジャム・・

a0133122_019301.jpg



ふう。
間に合った。

いちじくだけのジャムを作りたかったのです。

栗の時のように逃してはならんと、直売所でいちじくを買ったのです。

今年の秋もいちじくのジャムは作ったけれど、あれは変化球。
梨と赤ワインと一緒でした。
スパイスも、黒胡椒を。

今回は、いちじくだけで。
スパイスも入れませんでした。
ただ、みかんを一絞りして酸味をプラス。



a0133122_0195986.jpg
この間のジャムは赤ワイン色だったので、
少しやさしい夕日色のジャムがみたいと、皮をむきました。

とろりとする、熟れたいちじくを四つ割に。



a0133122_0202358.jpg
いつものように、砂糖を手でふんわりとまぶして、時間をおきます。

じっくりと水分を出していきます。
今回は50分くらい。

何分とか細かいことは置いといて、洗濯ものを合間にしていたので、50分^^
のんびりでいいのー♪



a0133122_0205070.jpg
ほらっ!

とろーり♪

溶け出す砂糖がまぶしくって、うれしくなります^^

こうなった果実を見るのもジャムつくりの好きな工程のひとつ。



a0133122_0211167.jpg
煮ていきます。

弱火で約30分。

出てきた水分が少なかったので、はじめの15分間はふたをして。

ふんわりといちじくのにおい。
いちじくの香りをかぐと、なんだかシナモンを思い出す。



a0133122_0213513.jpg
できました♪

実がごろり・とろりとした、いちじくだけジャム。




a0133122_0221269.jpg
やさしいもも色がかわいい^^

これは甘みが馴染むまで置いた方が美味しいジャムかもしれないな・・・。

ああ、うれしい。
いちじくだけのジャム、間に合いました♪

明日の朝はこれかなー♪♪



このジャム好きにかかっては、いちじくを見るとジャム欲が湧いてしまうのだけど、

いちじくの料理もまだまだしたいものがたくさんあった。そういえば。

いちじくのパスタも興味があったし、白和えも作ってみたかった。

うううーん、間に合うかな(笑)


----------------------------

*なうしかのおべんと手帖*
a0133122_0223485.jpg

今日は珍しくお魚弁当です。

鮭のムニエル~^^

それに五目豆(実は四目だったりしますが)、さつま芋と人参のマスタードサラダ、ゆでオクラ。梨にみかん。

自然光で写真撮ると、きれいでいいですね♪



今週末、またもや福岡に遊びに行きます。
日曜は箱崎宮の骨董市だそう。
私も朝から遊びに行く予定です。
パンナガタであの美味し~いメロンパン食べて、牛乳でも飲みたいな~♪
[PR]

by hakofuku-818 | 2009-10-09 00:50 | 季節のジャムつくり
2009年 10月 08日

栗ジャムのしあわせトースト。

a0133122_0552419.jpg



今年は台風が来ないなあと思ったら、もう冷えはじめた今頃に、ですね。


もう、秋も深まりはじめました。

夏の野菜はひっこみ始め、ぶどうや梨も少しずつ少なくなってきています。

日暮れも早く、長袖でなければ風邪をひいてしまいそうな朝夕。

うううーん、こうして冬がやってくるのね、と身構えてしまいます。


今日、大村の萱瀬地区の直売所に行ったところ、栗がありませんでした。

聞くと、もう最近はめっきり少ないとのこと。。。

!!

栗があるうちに、甘露煮と塩煮をもう一回ずつ作ろうと思ってたのに・・・(><。)

やっぱり旬の保存食は、旬のうちにですね。

旬を知る、見極めるチカラのたいせつさを実感した瞬間でした。

ああ、また栗に出会いたい。


a0133122_056168.jpg
ということで、栗ジャムくんです。

バターひとかけを溶かしたこんがりトーストに、これ。

それにあったかいミルクティー。

・・・最高の朝ごはんです♪ わたしはこれで十分しあわせ♪


栗ジャムくんは甘さ控えめに作ったので、栗のスープにもいいかなあなんて考えています。

炒め玉ねぎに、ブイヨン。 ・・・美味しいだろうな^^



--------------------------

*なうしかのおべんと手帖*
a0133122_0544696.jpg

今日のおべんとう。
さつま芋とにんじんのマスタードサラダ、鶏もも肉のハーブグリル、オクラ、早生みかん。

さつま芋と人参のサラダは色鮮やかでいいですね^^
パプリカやトマトの旬の過ぎたこの時期のお弁当に、彩りをそえてくれます♪



[PR]

by hakofuku-818 | 2009-10-08 01:09 | 季節のジャムつくり
2009年 09月 27日

・・09’秋 栗のジャム・・

a0133122_1547031.jpg



2009年の栗ジャム、作りました。

確か、大学3年生から作り始めたので、今回で5回目の栗ジャム作りでした。


その間、便利なツールが導入され、時間も大分短縮されました。

裏ごし器は、マルチブレンダーへ。 包丁から栗むき専用はさみ、栗むき坊主へ。

便利になったものです。おかげで沢山つくることができます。


今回の栗ジャムつくりでも新たに投入されたものがあります。

圧力鍋です。

でも、使ってみて、やはり煮る工程は鍋でじっくりと様子を見ながら煮るのがいいかなぁと。

栗を煮ながら湯気や香り、色の変化を感じたりする事が醍醐味だと思うし、私は好きです。

私にとってのジャムつくりの時間は、素材のかわっていく姿を感じながら、ぼーっと考えごとをしたりする、
そんなゆったりとした流れを楽しむ時間。

だからこそ今度は、じっくり目で、鼻で楽しみながら、煮たいなあと思うのです♪


a0133122_15491679.jpg


今年はなめらか仕上げ。

去年はごろっと栗の実を残しておいたんだけど、今年はほとんどないかな。

うーん、実が入っているほうがいいかもっ(笑) 来年は実入りで!

ラム酒も大分入れました。50ml。




a0133122_15481969.jpg


たくさん欲張って入れようとすると、こうなります。

前も同じ過ちをしたような・・・!

今回は3瓶と、すぐ食べる分でココットに1つできました。

パウンドに、マロンパイに、すぐなくなっちゃいそうです~♪




秋のものづくりは始まったばっかり!

まだまだ楽しめますね~^^


----------------------------

*なうしかのおべんと手帖*
a0133122_15505880.jpg
土曜日のお弁当でございます^^

炊き込みご飯です^^

頂き物のさつま揚げとしめじ、にんじん、油揚げで。 

何だか秋らしい。

炊き込みご飯が食べたくなると、ああ秋ねって思っちゃう。 
そんな風に感じませんか?

鶏のカレー風味焼き・ほうれん草のゴマ和え・レンコンの金平・みかん・さつま揚げのお弁当でした♪

[PR]

by hakofuku-818 | 2009-09-27 16:12 | 季節のジャムつくり
2009年 09月 26日

秋ジャムのトースト

a0133122_8513478.jpg



昨日言っていたとおり、作りためた秋ジャムで、トースト♪

きれいですね^^

今回は、なうしか製の栗、いちじくと梨、梨に加えて、ウエッジウッドのミックスベリーを。

パンは、福岡・荒戸のラ・ブリオッシュのパンドミ。 大好きなんです^^


a0133122_851993.jpg

こうやって、ジャムを並べると壮観ですね!

紫芋のポタージュとぶどうも一緒に。

紫の多い食卓です。

秋の色というと、紅葉の赤や黄色、茶色が思い浮かびますが、

実は紫色も秋の色だったりするのですね^^ 



a0133122_8522331.jpg


こうして並べて食べると、味はもちろん、それぞれの食感や色の違いがありありと感じられ、おもしろい♪

栗ジャムのなめらかさ、いちじくの風味、梨の食感。

うーん、おもしろいっ。



次の秋ジャムは、りんご・ぶどう・紫いもを狙っています。どれだけ作れるかしら♪


-------------------------------

*なうしかのおべんと手帖*
a0133122_8524231.jpg


お友達からお土産で頂いた鹿児島のさつま揚げ♪
おいしかった♪本当にありがとう^^

れんこんの金平・ほうれん草のごま和え・ナポリタン。

若干茶色気味のお弁当だな~



今日仕事したら、明日はやすみっ♪
がんばるぞー!
[PR]

by hakofuku-818 | 2009-09-26 09:03 | 季節のジャムつくり