なうしかのリビングダイニング2

nausikanai.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 09日

・・09’秋 いちじくジャム・・

a0133122_019301.jpg



ふう。
間に合った。

いちじくだけのジャムを作りたかったのです。

栗の時のように逃してはならんと、直売所でいちじくを買ったのです。

今年の秋もいちじくのジャムは作ったけれど、あれは変化球。
梨と赤ワインと一緒でした。
スパイスも、黒胡椒を。

今回は、いちじくだけで。
スパイスも入れませんでした。
ただ、みかんを一絞りして酸味をプラス。



a0133122_0195986.jpg
この間のジャムは赤ワイン色だったので、
少しやさしい夕日色のジャムがみたいと、皮をむきました。

とろりとする、熟れたいちじくを四つ割に。



a0133122_0202358.jpg
いつものように、砂糖を手でふんわりとまぶして、時間をおきます。

じっくりと水分を出していきます。
今回は50分くらい。

何分とか細かいことは置いといて、洗濯ものを合間にしていたので、50分^^
のんびりでいいのー♪



a0133122_0205070.jpg
ほらっ!

とろーり♪

溶け出す砂糖がまぶしくって、うれしくなります^^

こうなった果実を見るのもジャムつくりの好きな工程のひとつ。



a0133122_0211167.jpg
煮ていきます。

弱火で約30分。

出てきた水分が少なかったので、はじめの15分間はふたをして。

ふんわりといちじくのにおい。
いちじくの香りをかぐと、なんだかシナモンを思い出す。



a0133122_0213513.jpg
できました♪

実がごろり・とろりとした、いちじくだけジャム。




a0133122_0221269.jpg
やさしいもも色がかわいい^^

これは甘みが馴染むまで置いた方が美味しいジャムかもしれないな・・・。

ああ、うれしい。
いちじくだけのジャム、間に合いました♪

明日の朝はこれかなー♪♪



このジャム好きにかかっては、いちじくを見るとジャム欲が湧いてしまうのだけど、

いちじくの料理もまだまだしたいものがたくさんあった。そういえば。

いちじくのパスタも興味があったし、白和えも作ってみたかった。

うううーん、間に合うかな(笑)


----------------------------

*なうしかのおべんと手帖*
a0133122_0223485.jpg

今日は珍しくお魚弁当です。

鮭のムニエル~^^

それに五目豆(実は四目だったりしますが)、さつま芋と人参のマスタードサラダ、ゆでオクラ。梨にみかん。

自然光で写真撮ると、きれいでいいですね♪



今週末、またもや福岡に遊びに行きます。
日曜は箱崎宮の骨董市だそう。
私も朝から遊びに行く予定です。
パンナガタであの美味し~いメロンパン食べて、牛乳でも飲みたいな~♪
[PR]

by hakofuku-818 | 2009-10-09 00:50 | 季節のジャムつくり


<< タルタルソースをたっぷりと。      栗ジャムのしあわせトースト。 >>