タグ:おいしいもの探訪 ( 35 ) タグの人気記事


2010年 12月 12日

・・La Boucherie du Buppa ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ (中目黒)・・

a0133122_21511156.jpg


先日、中目黒の『La Boucherie du Buppa ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ』に行ってきました。
結論から言いますと、ほんっとーに、猛烈っっに感動しました!!
久しぶりに食で心が震える思いがしました。


その日は、会社の先輩方にお付き合い頂いて、美味しいものを食べようの会。
雑誌で見たジビエのカスレがとてもとても美味しそうだったので、こちらをチョイス。
・・・私の審美眼に狂いは無かった!



まずは、店内に入った瞬間に圧巻されるのが、壁一面のチルドの肉の貯蔵庫。
自家製のハムやウインナだけではなく、熟成途中のジビエの肉が吊るされています。
・・・この時点で料理に対する期待感が高まります。

そして、メニュを開くとまた期待に胸が高鳴る!
この季節、豊富なジビエが名を連ね、また色々なメニューに仕立ててあり、迷う!
お店の方に本日のおススメを聞き、それを中心にオーダーしました。

お酒も同様。
日本のジビエを使うということで、お酒も同じ土地日本のものを中心にラインナップしてあります。
菊鹿のワインもあった!

お通しもジビエのグラタン。
色々なお肉を使ったラグーにベシャメルとチーズを乗せて焼きあげてあります。
うーん、これだけで参った。
その日は猪肉と青首鴨(だったかな)を使用されていたようですが、単一ではでないと思われる深み。
お通しでこのレベルだと、後はどうなるの!?と期待は最高潮!!


トップの写真は、蝦夷鹿のブータンノワール(900yen)。
まるで、チョコレートのテリーヌを見るかのように、なめらかで深いカカオの色。
無花果のような甘みのあるピュレとともに口に運ぶと、まさに一瞬デザートを口に入れたように感じる。
血液特有の鉄分の感じさえあるものの、生臭さなどは微塵も感じられない。
こんなブータンノワールってあるのだろうか。。
深い赤が似合う、前菜です。


a0133122_21512439.jpg
そして、こちらの本日のおススメである鹿肉のタルタルステーキ。
真っ赤な赤みのお肉。
シンプルに黒胡椒だけをまとって。

運ばれた瞬間、フレッシュな黒胡椒の香り。
完熟しているかのような甘みのある香りの黒胡椒。
胡椒ってこんな香りしたのか、と思わせてくれるもの。

やはり、肉の決め手になる調味料にもこだわられているのだろうな。




a0133122_21513841.jpg
タルタル肉、それだけを食べても美味。
甘みがあり、とろけるよう。
少しの酸味と甘み。

実際には、トマトのピューレ、ピクルスのみじん切り、卵黄等が入ったソースを混ぜて頂きます。
このソースさえも美味しそう。




a0133122_21514790.jpg
添えられたバゲットに乗せてたべると、至福~~~
思わず目を閉じて、3秒間ギュッと心に刻みたい美味しさ。

目を開けた瞬間は夢が宙に舞う。

そこへ、ピノノワールを合わせる。至福。
美味至福。



a0133122_21515733.jpg
一番スタンダードなパテ・ド・カンパニュ。
こちらが一番初めに来た前菜ですね。

こちらも、こんなに美しい断面を初めて見た、と驚く。
周りの油も真っ白で角がゆがむ事もなく、中のピンク色のパテもひずみが一ミリもない。
美味しいものって美しいのだと気付かせてくれる。
しみじみ美味しい。

初めはシャンパンに合わせて頂きました。




a0133122_21522044.jpg
うり坊。
この火入れ。
見ただけで脱帽。
そして、口に入れてまた引きずり込まれる。

柔らかい。。。ナイフを入れた時、肉の感触だと信じられないように柔らかく弾む。
熟成の成せる業か。

骨で取った出汁を使ったソースも更に引き立てる。



とにかく凝った前菜が美味しいフレンチレストランは星の数ほどあるかもしれないけれど、
メインでこれまで驚かせてくれるお店はそこまでないんじゃないかと思うのです。
私はこれまでそうだったのです。
前菜が美味しくて心が高鳴っても、結局コースの最後に前菜が一番だったと思うのは実は少し悲しくもあるから。
こちらはそんな寂しさは微塵も感じさせない。
ギュッと目をつむり、刻む美味しさ。


a0133122_21524090.jpg
そして、今日のメインディッシュは青首鴨のロースト。

銃を使わず、罠を使い捕らえているとのこと。
オーナー自身が猟をされるので教えて頂きました。
罠を使い活け獲りにできるので、肉自体の鮮度がよく、また肉自体へのストレスの無さが、美味しさに差が出るとのこと。

日本一美味しい鴨を食べさせる店として取材を受けたこともあるそう。

そう、本当に美味しかった。
ロースの深い紅みをたたえた肉色。
その同じ身からとったソースをまとうと、さらに深く。

言葉にできない。。
とにかく私は、私たちは肉を味わい、ソースを味わい、ともに味わい、
ギュッと目をつむり、言葉をのみ、刻みました。
ぎゅっと。


a0133122_21525216.jpg
鴨一羽をすべて味わい尽くします。
手羽に、手羽元に。
砂肝に。

もう、骨の髄までしゃぶりつきたいくらい美味しい。
なんか人間の原点…というか、動物に戻ったみたい。
骨をちゅーちゅー。
はしたないけど、そうせざるをえないくらい、美味しいのです。

肉の本当の美味しさを知った日でした。



本当に至福の時でした。
また、冬のうちに必ず行きます。
次はカスレを食べよう。

本当に、本当に、久しぶりに心が震えて、嬉しかった!
やっぱり食ってすごいと再認識した日。
ありがとう。



店舗情報⇒http://rp.gnavi.co.jp/1009948/
予約は半月前に行いました。
代金はワイン3本開けて、4人で9000円でした。ワインも安い。
[PR]

by hakofuku-818 | 2010-12-12 22:14 | おいしいもの探訪
2010年 07月 18日

甘味あらいで冷やし白玉ぜんざい (池上) oishii

a0133122_1821417.jpg

いやあ、雲ひとつない快晴で、暑いったら!

今日はおうちでなんだかんだしていて、
3時になったらいざ目的地へ。

以前行った時は外まで小さな行列ができていて、退散したんだった。
今日はどうかしら。

『甘味あらい』さん。




a0133122_18211730.jpg
今日は食べれるかな?

ウェイティングの行列は無かったものの、15時の時点であんみつ売り切れ!!
がびーん!
目的の贅沢あんみつがあ~!

それでも、夏季限定のかき氷に、ぜんざい、抹茶白玉など~♡
目がハートになってしまうラインナップでございます^^




a0133122_18213553.jpg
私は、
かき氷にもひかれたんだけど、
『白玉クリームぜんざい(750yen)』を^^♡

丁寧に作っていらっしゃるので、結構時間がかかりましたが、
落ち着いた店内は本を読んだりするのにぴったり♪
気にせず待てました^^



a0133122_18214861.jpg
美しすぎるぜんざい。
と呼んでしまおう。

大きな小豆、ぴんと張った皮がとてもきれい♪

ほっくりと豆の歯ごたえとそのものの味を味わう。



a0133122_18215839.jpg
白玉は、まんまーる!
あまりの立派な球体に思わず見入ってしまいました。

美しすぎます。
もしも急いで白玉を丸めたら、こういう風にはいかないんじゃないかしら。
それにしても、丸い。

ただ柔らかいだけの白玉ではなく、もちもちと歯ごたえを楽しめる。
それでいて固すぎず。
うーん、あっぱれ!!



a0133122_1822927.jpg
お供のきゃらぶきの佃煮も美味しい。

焙じ茶でまったりして、
うーん至福ですっ♡

こんなお店が近くにあるなんて幸せ^^

贅沢あんみつと、宇治金時抹茶入りを食べないと♡



その後は、てくてくと池上さんぽ。
a0133122_18222092.jpg
池上本門寺をくるーっと回って帰りました。

いつ見ても、立派な石段。

中ほどで猫がでろーんと寝そべっていて、それに戯れるお姉さんたち。
ほほえましい~




a0133122_18223218.jpg
ざわざわとゆれる枝葉に、影。
うーん、すごく癒されます。

風鈴が一面に張られていて、高い音色がまた涼しげ。



a0133122_18224749.jpg
空が青い!

くっきりとした夏らしい色ですね!



a0133122_18225717.jpg
池上本門寺の石段を登ると、こんな風景が広がっています。

暑いけれど、登ると気持ちが涼しく心地よくなる。
そんなかんじ。

ふう~
夏ですね・

[PR]

by hakofuku-818 | 2010-07-18 18:37 | おいしいもの探訪
2010年 07月 18日

五反田さんぽ 坂本商店・ARIETTA

a0133122_10494228.jpg

昨日は美容室へ~!
更に髪を短くしました^^
夏らしくさっぱりと!そろそろ男の子と間違われそうです。
大学院生のときくらいに戻ったようです^^

ここは三田からのお写真。
三田からの帰り道、五反田にてお買い物さんぽ。



東五反田から2店ご紹介します^^
a0133122_1050157.jpg
味噌の専門店、『坂本商店』さん。

味噌は生き物との考えから、桶からしゃもじですくいだしての量り売りスタイルのお店です^^
選べないくらい、赤、白、合わせ、麦など15種類くらいありました♪

私は『特選越後麹』という味噌を。




a0133122_10532617.jpg
さらに、坂本商店のもろきゅーせっと(300yen)があったので、それを購入♪
5種も入って、楽しめますよね!

今日はお友達が泊りにきてくれ、パジャマパーティーなので、大活躍の予定です!
銭湯⇒凍らせたビール⇒もろきゅー⇒冷酒で楽しむぞ~♡




a0133122_10501573.jpg
そして、五反田のパン屋さん。
『Panetteria ARIETTA 五反田本店(パネッテリア アリエッタ)』さんです。
広尾にも支店があるそうですよ~。

自家製酵母で100時間ちかくゆっくりと発酵させるみたいです。
すごーい。

カンパーニュといちじくのパン、ミルクバターフランスを購入。
3つで1000yen近くするのは東京価格かしら・・・(><)



a0133122_10503085.jpg
ドライいちじくがまるごと4つはいっているパン。
それに冷蔵庫にあったブルーチーズ。。。

ついつい、赤ワインを買いに走ってしまいました!晩酌~^^
またのゆっくりした夜ですから、いいと思いまーす♪



夜は豚の味噌漬けつくったり。
航空券を予約したり。
[PR]

by hakofuku-818 | 2010-07-18 11:15 | 東京さんぽ
2010年 06月 09日

たいめいけんのたんぽぽ!

a0133122_22541020.jpg


日曜、おともだちJたんとごはんでした♪

「たいめいけん」
言わずもがな、日本橋の老舗洋食やさんですね^^

以前、就職活動中一人で訪れて、カニクリームコロッケを食べたっけ。
いい思い出じゃ。


ぱつんぱつんの、オムレツ。
うーん、見てるだけでしあわせ♡


a0133122_22542636.jpg
もちろん、おともはボルシチとコールスロー(各50yen)♪
昔から変わらないお値段で頂けるのがうれしいです^^

オムレツとじっと待つ間、ちびちび頂く時間もまたよきかな、です。



a0133122_22544597.jpg
オムレツの真ん中にさくさくとスプーンを割り入れて。
よいしょっと広げると。。

たんぽぽ!!

とろっとろで、バターが香るほんのり甘いオムレツ。
チキンライスと食べると、その酸味と一体化して、ウマス!!!
いや~、うまい♪
並ぶの、わかります~^^



a0133122_22545789.jpg
日曜の開店前に訪ねると、ウェイティングせずに済みました。
でも帰る頃にはすごい行列。うーん、開店前が無難かなあ。

それにしても、お腹いっぱい胸いっぱい。
たいめいけん、よかったです^^


次は資生堂パーラーかなあ^^!



きょうの帰り道、目的があり銀座へ。
目的のバス停乗り過ごして、あちゃーと思ってたらバスが着いた先に、熊本物産館。
うれしかったです♡

まさか、東京の地で、あかまきやいわしのかまぼこに出会えるなんて!
アベックラーメンとか五木のうどんも売ってました(笑)
割高ですが、郷愁の念にかられて、ついつい買ってしまいました。
いきなり団子とSWISSのケーキ^^

たまには道を間違うのもいいですな♪
[PR]

by hakofuku-818 | 2010-06-09 23:06 | おいしいもの探訪
2010年 03月 28日

帝国ホテルのカレーとアートナイト

a0133122_12104743.jpg


昨日は同期と遊びたおしました。

まずは帝国ホテルでランチ。
『パークサイドダイナー』
ホテル特製のビーフカレーを食べる。むんむん。

ルーには野菜はみごとに溶けていて、スパイスの粒がみえる。
大きなお肉の塊も、スプーンでほろっとほどけて。
むーん。
うまい。

a0133122_1211274.jpg
セットにしたカリフラワーのクリームスープ。珈琲もそつなく美味しい。
むーん。

あたりを見渡すと、やはりパンケーキの方多し。
次はこれだ!!


・・・ちゃんとしたフレンチ食べたいです。



その後、日比谷から丸の内へ。
丸ビルの中の「ヘンリーグッドセブン」というCafe&Barへ。
a0133122_12111538.jpg
昼下がりから飲んでいるのはわたし。

軽めにピノ・ノワールを。
樽の風味が目立つけど、ピノらしく引き際軽やか。
ソファ席が空くまでのカウンター価格で500yenでした。うれしーい。


a0133122_12112735.jpg
ソファ席に移動して、モヒート(1000yen)。
カウンターで丁寧に作られてる様子を見て、ついつい頼んでしまった。これ。
ミントもライムもたっぷりで美味しかった!

ほんとは都会の高層ビル街でなくて、あっつい南国の屋台バーみたいなところで飲みたい所。

窓際のソファ席はついつい長居してしまいたくなる居心地の良さ。
それにパンケーキも美味しそうだったから、またこよう。



その後、六本木のDesignSightを訪ねました。
目当ては2121で開催中の「クリストとジャンヌ=クロード展」なり。

すごい人ごみだったけれど、色々なアートが点在していたり、イベントをしていたり。
おもろいなー

そして、安藤忠雄氏建築の「21_21Art Sight」へ。
地下部の大きさやアプローチの長さが氏らしい建築自体も楽しめて面白い。

a0133122_12114712.jpg
もちろん、クリストとジャンヌ=クロードの作品もとても面白かった!

この桜の時期に、二人が手掛けた短命な作品たちの面影を見ることができて、さらに作品の中に浸れるというものです。
それにやはり、二人の愛と創作が生む活力に感動しました。

今進行中の作品も見れたらいいなあ。体感できたらいいなあ。


a0133122_1212275.jpg
色々なものに触れて、色々考えを巡らせた一日でした。
同期と話すのは刺激になるし、リラックスできておもしろい。

4月ももうすぐ始まります。
もう一歩踏み込んでいけたらいい。

[PR]

by hakofuku-818 | 2010-03-28 12:38 | 東京さんぽ