2010年 01月 19日

嬉野おいしいドライブ。

a0133122_10513594.jpg



パジャマパーティーの翌日、佐賀・嬉野温泉へドライブ。

大村からだと近いですね、1時間弱。
この日はとても気持ちのいい日で、キラキラの大村湾を横目にドライブはとてもリフレッシュできました♪
大村湾に高速のドライブスルーなんて、ものすごく気持ちいいんだろう♪

嬉野到着。
まずは、豊玉姫神社にお参り。
『なまず様、手荒れ退散!どうか美肌に!』と、拝み倒す。

a0133122_10514795.jpg
少し、嬉野温泉街を歩き、『シーボルトの足湯』をめざす。

途中こうしたものもあって、おもしろい、あったかい。
いい天気とは言え、日影はやはり寒いので温泉がうれしい。


足湯の前に腹ごしらえ。
『板前 東屋』さんで、湯の端豆腐(735yen)を頂きました。
a0133122_10515984.jpg
7種類からたれを選べるとのこと。スタンダードにごま醤油にしました^^
味噌系たれは甘めみたい。

とろりんとした豆腐、やっぱり美味しいっ♪
たれは少し塩辛いけれど、とろりとした温泉水で調整できるので問題なし!
というかむしろ美味しい♪


a0133122_1052945.jpg
お腹いっぱいになったら足湯へ!
仲良くなった男の子がかわいかった(笑)

足湯とはいえ嬉野温泉の特長である美人湯らしく、足がすべすべに♡
うれしいっ^^


その後、友達を『大正屋 椎葉山荘』へ送り届けて、私は別行動。
a0133122_1052248.jpg
私は、『和多屋別荘』へ。
今日のお目当ては温泉ではなく、お茶。
売店に併設されている『茶房 大茶樹』にて、玉露(1000yen)を頂きました。

つくりがしっかりしたシックなカウンターで落ち着きます。



a0133122_10523912.jpg
ここでは、一煎目、二煎目、三煎目と温度を変えて楽しめるのです。
まずは40度、60度、80度。

玉露の葉の開き方の違いがよくわかり面白い。
もちろん、温度によって全く味が違う。

※二煎目の葉です。


a0133122_1052532.jpg
一煎目はヨードを感じるような、濃い目の昆布出汁のような。
まったり感、苦み、うまみ、とろみ。

二煎目は、おどろくように変わり、甘みが際立つ。
甘みとまろやかさの中に包まれたように苦みも顔を出します。

佐賀名物の小城羊羹をお茶うけに頂きました。


a0133122_1114264.jpg
三煎目は、きれいにお茶の葉が開きます。

味も口当たりもすっきりと。甘みも苦みもすっきりと。

おお、なんて面白いのだ!


a0133122_1053826.jpg
そしてさらに面白いのは、三煎目のお茶の葉を頂けるのです。

ポン酢で頂きます。
かぼす?の果汁に醤油を好みで混ぜて。
苦みがまろやかになり、美味しい。健康的だし。

所要時間45分ほどかかりますが、とても面白いですし、ゆったりした時の流れが心地いいです。
お茶の道の奥深さを体験できました。


その後、友達と合流し、湯上りスイーツを。
a0133122_10531844.jpg
萬象閣 敷島』の敷島プリン♪

上にはほろ苦みのあるクリーミーな抹茶ソース、下には黒蜜。
素材の味を感じさせるしっかりめのプリンが美味しい。
おお、これは美味い♡
おすすめです^^


と、食べ歩きの嬉野温泉ドライブでした♪
まだまだ寒い日もあるでしょうから、温泉ドライブもいいですよね~♪
[PR]

by hakofuku-818 | 2010-01-19 11:23 | いとしの大村


<< マーマレードの朝とポトフの昼。      直島へ! ~直島①日目、街あるき編~ >>