2010年 12月 12日

・・La Boucherie du Buppa ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ (中目黒)・・

a0133122_21511156.jpg


先日、中目黒の『La Boucherie du Buppa ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ』に行ってきました。
結論から言いますと、ほんっとーに、猛烈っっに感動しました!!
久しぶりに食で心が震える思いがしました。


その日は、会社の先輩方にお付き合い頂いて、美味しいものを食べようの会。
雑誌で見たジビエのカスレがとてもとても美味しそうだったので、こちらをチョイス。
・・・私の審美眼に狂いは無かった!



まずは、店内に入った瞬間に圧巻されるのが、壁一面のチルドの肉の貯蔵庫。
自家製のハムやウインナだけではなく、熟成途中のジビエの肉が吊るされています。
・・・この時点で料理に対する期待感が高まります。

そして、メニュを開くとまた期待に胸が高鳴る!
この季節、豊富なジビエが名を連ね、また色々なメニューに仕立ててあり、迷う!
お店の方に本日のおススメを聞き、それを中心にオーダーしました。

お酒も同様。
日本のジビエを使うということで、お酒も同じ土地日本のものを中心にラインナップしてあります。
菊鹿のワインもあった!

お通しもジビエのグラタン。
色々なお肉を使ったラグーにベシャメルとチーズを乗せて焼きあげてあります。
うーん、これだけで参った。
その日は猪肉と青首鴨(だったかな)を使用されていたようですが、単一ではでないと思われる深み。
お通しでこのレベルだと、後はどうなるの!?と期待は最高潮!!


トップの写真は、蝦夷鹿のブータンノワール(900yen)。
まるで、チョコレートのテリーヌを見るかのように、なめらかで深いカカオの色。
無花果のような甘みのあるピュレとともに口に運ぶと、まさに一瞬デザートを口に入れたように感じる。
血液特有の鉄分の感じさえあるものの、生臭さなどは微塵も感じられない。
こんなブータンノワールってあるのだろうか。。
深い赤が似合う、前菜です。


a0133122_21512439.jpg
そして、こちらの本日のおススメである鹿肉のタルタルステーキ。
真っ赤な赤みのお肉。
シンプルに黒胡椒だけをまとって。

運ばれた瞬間、フレッシュな黒胡椒の香り。
完熟しているかのような甘みのある香りの黒胡椒。
胡椒ってこんな香りしたのか、と思わせてくれるもの。

やはり、肉の決め手になる調味料にもこだわられているのだろうな。




a0133122_21513841.jpg
タルタル肉、それだけを食べても美味。
甘みがあり、とろけるよう。
少しの酸味と甘み。

実際には、トマトのピューレ、ピクルスのみじん切り、卵黄等が入ったソースを混ぜて頂きます。
このソースさえも美味しそう。




a0133122_21514790.jpg
添えられたバゲットに乗せてたべると、至福~~~
思わず目を閉じて、3秒間ギュッと心に刻みたい美味しさ。

目を開けた瞬間は夢が宙に舞う。

そこへ、ピノノワールを合わせる。至福。
美味至福。



a0133122_21515733.jpg
一番スタンダードなパテ・ド・カンパニュ。
こちらが一番初めに来た前菜ですね。

こちらも、こんなに美しい断面を初めて見た、と驚く。
周りの油も真っ白で角がゆがむ事もなく、中のピンク色のパテもひずみが一ミリもない。
美味しいものって美しいのだと気付かせてくれる。
しみじみ美味しい。

初めはシャンパンに合わせて頂きました。




a0133122_21522044.jpg
うり坊。
この火入れ。
見ただけで脱帽。
そして、口に入れてまた引きずり込まれる。

柔らかい。。。ナイフを入れた時、肉の感触だと信じられないように柔らかく弾む。
熟成の成せる業か。

骨で取った出汁を使ったソースも更に引き立てる。



とにかく凝った前菜が美味しいフレンチレストランは星の数ほどあるかもしれないけれど、
メインでこれまで驚かせてくれるお店はそこまでないんじゃないかと思うのです。
私はこれまでそうだったのです。
前菜が美味しくて心が高鳴っても、結局コースの最後に前菜が一番だったと思うのは実は少し悲しくもあるから。
こちらはそんな寂しさは微塵も感じさせない。
ギュッと目をつむり、刻む美味しさ。


a0133122_21524090.jpg
そして、今日のメインディッシュは青首鴨のロースト。

銃を使わず、罠を使い捕らえているとのこと。
オーナー自身が猟をされるので教えて頂きました。
罠を使い活け獲りにできるので、肉自体の鮮度がよく、また肉自体へのストレスの無さが、美味しさに差が出るとのこと。

日本一美味しい鴨を食べさせる店として取材を受けたこともあるそう。

そう、本当に美味しかった。
ロースの深い紅みをたたえた肉色。
その同じ身からとったソースをまとうと、さらに深く。

言葉にできない。。
とにかく私は、私たちは肉を味わい、ソースを味わい、ともに味わい、
ギュッと目をつむり、言葉をのみ、刻みました。
ぎゅっと。


a0133122_21525216.jpg
鴨一羽をすべて味わい尽くします。
手羽に、手羽元に。
砂肝に。

もう、骨の髄までしゃぶりつきたいくらい美味しい。
なんか人間の原点…というか、動物に戻ったみたい。
骨をちゅーちゅー。
はしたないけど、そうせざるをえないくらい、美味しいのです。

肉の本当の美味しさを知った日でした。



本当に至福の時でした。
また、冬のうちに必ず行きます。
次はカスレを食べよう。

本当に、本当に、久しぶりに心が震えて、嬉しかった!
やっぱり食ってすごいと再認識した日。
ありがとう。



店舗情報⇒http://rp.gnavi.co.jp/1009948/
予約は半月前に行いました。
代金はワイン3本開けて、4人で9000円でした。ワインも安い。
[PR]

by hakofuku-818 | 2010-12-12 22:14 | おいしいもの探訪


<< ・・trattoria Fio...      No残業デーの夜の晩酌。 >>