2010年 03月 30日

琥珀のとき

a0133122_20452839.jpg


日曜、定期でいける銀座へ。

交通費がかからないって、最高です。
ぶら~と訪ねましたが、ぶら~とするには気の抜けない場所だっ。

大村にいるころ、キャットナップさんに教えて貰い、行こうって決めてた珈琲屋さん。

『珈琲だけの店 ランブル』です。

a0133122_20454075.jpg
つるりとカーブしたカウンターの奥に座りました。
とてもいい場所!

淹れてらっしゃる手元がまじまじと見れるのです。
もう見ましたみました。
まじまじ。


a0133122_20455347.jpg
ネルでふくらむ珈琲豆。
おもしろいくらい。
まほうみたい。

使い込まれた大きさ違いの銅の小なべ。
歴史を感じる豆を量る天秤。
糸をひくように湯が注げる赤いポット。


とても楽しい!
珈琲も豆自体の酸味が鮮やかで、完熟したオレンジのジュースを感じます。
おもしろいなー。
色々飲んでみよう。


その後、甘いものがほしくなった。
a0133122_2046519.jpg
『若松』さんへ、あんみつを。

寒天がとてもおいしかった!
あんこも白玉も!

粟ぜんざいも食べてみたいです^^

甘いもの天国TOKYO♡








さいきん、ご飯つくっていないのですー。

先週作ったのといえば、
ごぼうのポタージュや根菜のトマト煮、春キャベツとセロリのサラダくらい。

食品企業なもので、仕事でお腹が満たされることも多いのです~
うれしいやら、かなしいやら。

今週はお惣菜に囲まれて。
a0133122_20461892.jpg
中華風海鮮炒めを中華丼風に。
菜の花と筍のからし和え、新じゃがのそぼろ煮。
あと、これだけ手作りのサラダ。

すごいですねー、お惣菜。


a0133122_20463065.jpg
野菜の鶏つくね、筍とふきの土佐煮、筍と菜の花のからし和え。
おそうざいたち。
しっかり春を感じますよねー。
味付けも薄めだしなあ、すごい。

手作りの、根菜のトマト煮とサラダ。

でも、やっぱり作りたいものです^^

[PR]

by hakofuku-818 | 2010-03-30 21:06 | 東京さんぽ


<< 桜色・いちごみるくの朝ごはん。      帝国ホテルのカレーとアートナイト >>